J検3級、受けてきました
日曜日にJ検(正式には情報処理活用能力検定というらしいです)3級、準2級を受けてきたので感想を書いてみます。

まずは3級からなんですが、これは予想に反してずいぶんと簡単な試験でした。80、90は確実だと思います。もしかしたら100?いえいえ、100点はどんなテストでもとるの難しいものですからね(笑)

問題集には「J検 準2、3級」対応のものを使っていたので、もっと3級難しいものだと思ってました。パソコン検定(P検)の3級と比べたらこちらのほうが簡単ですね、こっちはパソコン一般論?みたいな感じでした。P検はウインドウズ検定だったので。

出題内容はインターネットに関してのこと(ネチケットやJPEGなど)、インターフェース(USBやIEEE1394)、論理的なこと(andやorとかのやつ)みたいな感じでしたかね。60分の試験だったのですが、簡単すぎて25分で終わってしまいました。

パソコン検定3級と比較すると

<長所>
・タイピングテストがないので、ブラインドタッチできない人でも平気
・OSにウインドウズではないものを使っていても不利ではない
・受験料が安い(J検:3500円 P検:5000円)

<短所>
・年に2回しかやってない(P検は予約すれば随時受験可能)
・問題集が少ない
・なにげ知名度低い?(大学生協のおじさん、知らなかったみたいで困ってました)

難易度はJ検のほうが低いので、初めて受けるので不安な方はJ検のほうがいいかもしれませんね。ただMacの人はIEEE1394をfirewireと表記しているみたいなので、注意してください。
[PR]
by padawansinchan | 2004-06-22 23:36
<< 「ドリアン・グレイの肖像」、読破 漢字変換で強制終了が回復! >>